ITサービス部

ITサービス部について紹介します。

ITサービス部の仕事

 ITサービス部は、ITを活用した地域課題の解決を行い、その地域の活性化をお手伝いする業務を行っています。

各課の業務について

地域IT課

 地域支援事業として、柏崎市様のふるさと納税(柏崎ふるさと応縁基金)運用管理業務をはじめ、柏崎マラソン事務局、2011年に甚大なる被害を受けた福島県双葉郡の「東日本大震災被災地支援業務」などを行っています。また、これらの業務の一部を地元の子育て世代の母親で実施する仕組み(子育て支援)にも取り組んでいます。
 また、GISマッピング業務では、ITを使って市民のライフライン(水道・下水道管)のメンテナンス支援を行っています。中越地震および中越沖地震において、迅速な図面出力で復旧活動に有効であることが実証されました。
 最後に、2000年度から求職者のためのITスキルを中心とする公共職業訓練を実施しており、地域の雇用につながる人材を育成しています。

ビジネスアウトソーシング課

 2020年1月から柏崎市様の「市民課窓口業務」を富士ゼロックスシステムサービス株式会社と協業して開始しました。
 住民の皆様の満足度向上目指し、常に心のこもったサービス提供を心掛けるとともに、業務効率化と品質向上に取り組み市民サービスの質を向上します。

「報・連・相」を大切に

 ITサービス部のメンバーは、日々、自分の業務に責任を持ち取り組んでいます。部内では、「報・連・相」を大切に業務中での問題の早期発見・共有、課題解決ができるように心がけています。お客様からのクレーム等をいただくこともありますが、失敗を次の成功につなげ、質の高いサービスが提供できるよう部員一丸となって活動しています。

IT技術による地域活性を目指して

 全国的に地方では、少子高齢化や人口減少が大きな課題となっている中、今後、ITサービス部として、ITを活用した地域活性化に繋がるサービスを積極的に提案していき、お客様に満足・信頼されるサービスを提供していきます。